in

離脱防止を考えるのであればバナーを利用しよう

離脱防止にはツールを上手に役立てよう自社のホームページなどのサイトに訪問してくれているユーザーはある程度いるはずなのに、契約や購入率が低いとしたら離脱率が高い証です。

ユーザーが興味を持ってサイトを見に来てくれてはいるので、何かが足りないから後一歩先のページに進まずに離脱しています。

まずは原因をしっかりと探り対策を行わないと、なかなか売上は伸びません。

ここでは離脱防止に役立つツールについて紹介していきますので、ぜひ売上や資料などの請求につながるサイトを作りましょう。

離脱というのは何で起きてしまう?

意図せずに離脱が起きてしまうこともありますが、このサイトで商品を購入したいという意志があれば後からサイトに戻ってきて商品を購入してくれます。

離脱したまま戻ってこないというのは、ほかに良いサイトが見つかったか、なんだか魅力に感じずに終わってしまった可能性があります。

サイトの魅力や見やすさに欠点がある場合が多いので、早急に見直しが必要です。

自社のサイトを見に来てくれているだけでも興味を持って来てくれている可能性は高いので、見せ方や表示の仕方を変えればそのまま購入などに至りやすいのです。

今回離脱防止策を考えるほかにも、定期的なメンテナンスをするだけで変わります。

自分たちで考えるサイトだけでは無理がある?

表示するサイトだけでは、魅力を伝えるために難しい面もあります。

レイアウトを変えて、クリックボタンの位置を見やすい部分に置くなどの対策も効果はありますが、それだけは難しいです。

サイトを見に来ているユーザーは皆同じ目的を持っているわけではないため、思っていたよりも自分の目的が果たせなさそうなサイトだと思うと離脱します。

見に来てくれたユーザーの個人に合わせた表示をしないと、サイトの内容がヒットした人のみしか購入などをしてくれません。

少し見せ方を変えるだけで本当は購入してくれたかもしれない人がいたとしたら、チャンスを逃していることになります。

自分たちの力だけではどうにもならない点は、ツールを味方につけましょう。

離脱防止対策のツールは便利!

自社のホームページをただ見せるだけでは限界を感じている場合でも、ツールを使えば簡単にユーザーに合わせた接客ができるようになります。

ツールを使うとどんなメリットがあるのか、いくつか紹介していきます。

買いたいという気持ちを高めてくれる

AさんもBさんもさまざまなことを考えながらサイトを見てくれているわけですが、同じことを考えているとは限りません。

ツールを使えばAさんのサイトでの動きを見て、どのようなことを考えているのか判断してくれます。

そして求めているサービスをポップアップなどで表示をし、そのまま購入へと誘導してくれるのです。

Bさんに対してもクリックやスクロールの動きを見て、ピッタリなポップアップを表示して資料請求や会員登録まで進んでもらえるようにしてくれます。

なかなかサイトを表示しているだけでは、ユーザーが積極的に動いてくれないと購入まで進めなくなってしまいます。

ツールを使えばサイトの中でこちらから誘導ができるため、まるでお店の中で接客しているように対応が可能です。

離脱率も変わってくる

タイミング良くポップアップを表示させることができるため、ユーザーの満足度も上がります。

もし質問したいと思っていたときにすぐに回答がわかるチャットなどのポップアップが表示されれば、ユーザーがお問い合わせのコーナーを探さなくても質問できます。

さらにすぐに丁寧な回答が返ってくれば、商品に対しての疑問もなくなりサイトのサービスへの満足度も上がり購入してくれる可能性が高まるのです。

万が一商品を購入したときや会員登録をして何かあったとき、チャットで回答がすぐにもらえると思えば安心できますし信頼も生まれます。

満足できれば離脱する理由がなくなるため、そのまま最後のページまで進みコンバーション率も上がるでしょう。

今後の商品開発にも役立つ

ツールを利用すると、どんな人がどこのページをよく見ているのかがわかります。

サイトには商品などの魅力を伝えるためにさまざまなページを用意しているかもしれませんが、どのページが人気あるかわかっている方は少ないのではないでしょうか。

しっかりと分析しないと、どのページが購入の決め手になっているのかわかりません。

自社としてはCのページがよく見られているのではないかと予想していても、実際ツールで検証してみるとDのページが人気でそこから購入ボタンのあるページへと進んでいるということもあります。

自社のWebサイトへ訪問してきたユーザーがどんなことを求め、どのくらい滞在していたのかもすぐにわかるので今後に活かせます。

新しいサービスを展開したいというときにも、ユーザーがどのようなものを求めているのかがわかり売上につなげられるでしょう。

ツールってどんな風に選べばいいの?

離脱防止と検索してツールを探してみると、さまざまなものがネット上で見つかります。

しかし本当に自社に合っているツールはどれなんだろう……と悩んでしまうかもしれません。

こちらではどんな風に選べば良いのかいくつか紹介していきます。

自社に合ったカスタマイズができるかどうかは重要

サイトに気軽に表示できるポップアップツールは便利ですが、自社の良さをわかってもらえるようにカスタマイズできるかどうは重要です。

ただポップアップを表示できるようにしても、ユーザーにとってウザイだけでの表示をしてしまったら逆に離脱されてしまいます。

自社の雰囲気に合ったカスタマイズができるかどうかは大きく重要な部分で、どんな風に操作ができて好きなように作れるのか見てみましょう。

サイトのトップページに置くポップアップ、Aのページ、Bのページなどとそのページに合わせて的確なものを置くとユーザーも便利に感じます。

無料で利用できるツールをまずは使ってみて、自社に合ったカスタマイズができるかどうか試してみると良いでしょう。

ユーザーに合っている雰囲気のツールか

自社のターゲットにしている客層は、若い世代か外国人かなどでも見せ方は変わってきます。

若い世代の場合はかわいらしい雰囲気のポップアップが良いですし、外国人の場合どういったことを言いたいのかわかりやすく見やすいポップがおすすめです。

高齢者を対象とした場合も、何を書いているのかよくわからないポップよりも文字も大きめでシンプルなものが良いでしょう。

そういったユーザーに合わせたポップも選ぶようにし、客層を意識したものを選びましょう。

SNSと連携できるツールがおすすめ

広くターゲットとしているユーザーに自社のサービスを知ってほしいと考えているのであれば、SNSと連携できるツールを利用しましょう。

若い人に限らず中高年の方も最近はSNSを使っている方も多く、暇や隙間時間があれば眺めている方も多いです。

LINEやFacebook、Instagramなど、スタンダードに皆が利用しているSNSとは連携しやすいようにしておくと良いでしょう。

これまで自社のサイトを知らなかった方も、欲しいものを探しているときにSNSをして初めて知る場合もあります。

サイトとしてだけでなく、SNSも大きく活用しながらマーケティングするだけでファンとなってくれるユーザーも増えます。

今はSNSや外部との連携が取らないと考えていても今後は役立つ可能性がありますので、機能として外部のツールと連携できるものを選んでおきましょう。

離脱防止に一番有効なツールといえばWeb接客ツール

ユーザーの行動をスムーズに購入や会員登録まで促してくれますので、どのツールを利用するか迷ったらWeb接客ツールがおすすめです。

なんの促しもないと、ユーザーは興味がなくなった時点で離脱してしまいます。

Web接客を利用するとユーザーが求めていることへ答えてくれますので、離脱を防ぐことが可能です。

Web接客ツールを使うことで得られる効果を紹介していきます。

細かく顧客のデータ管理ができる

これまでサイトに訪問しに来てくれるユーザーをアバウトにしか把握していなかった場合、対策を立てるのは正直難しかったのではないでしょうか。

Web接客ツールでは、どんな属性の人がよく見てくれているのか、どのページが人気あるのか、どこで離脱している人が多いのか細かくデータを出してくれます。

自社の中でも自信のあるページで、実は離脱しているユーザーが多かったというケースもあります。

思い込みだけでなく、客観的に数値としてデータ化できますので今後の対策が立てやすくなるでしょう。

どのようなあらすじで最終目標まで持っていくのか作りやすい

商品の成約を決めている顧客は、どんな順番でページを辿っているのかも分析できます。

逆にどのようなページの辿り方をしてしまうと、離脱してしまうのかも一緒にわかります。

離脱してしまう場合ページに何かしら欠点があるため、成約や購入に至らずに終わっているのです。

ページの辿り方を研究して、離脱が多いパターンの場合、上手にポップアップを入れてあげるとそのまま購入まで順調に進んでくれる可能性も高くなります。

ユーザーの行動やデモグラフィックを元にすると、ベストなタイミングで最適なポップアップを表示できます。

ポップアップ型の表示も閲覧の邪魔をしないようにできる

自分がユーザーの立場に立ったとき、興味を持ってサイトを見ているときにデカデカと要求もしていないポップアップが出てきたら邪魔に感じてしまうでしょう。

せっかく夢中になって文章を読んでいたからこそ、不快な気持ちになってしまいます。

ポップアップは真ん中に乗せるだけでなく、閲覧の邪魔をしないようにさりげなく、しかし目立って気になるように載せることができます。

資料の請求や今購入すれば割引などの表示が気軽に行えますので、文章を読みつつもユーザーはそのポップアップをチラっと見ることになるのです。

文章をある程度見て良いと思ったら、そこから資料請求や購入が一発でできますのでユーザーも楽です。

特に阻害する心配がない場合は画面すべてを使って表示も可能ですし、場合に応じて調節できます。

まずは無料のツール「マネバズ」を使ってみよう

どんなものかわからないから使ってみたい場合、マネバズがおすすめです。

何日だけ無料というわけではなく、ずっと無料になるプランもあります。

使い心地もわかりますし、もっと機能を増やして使いたいときだけ有料プランの契約をすれば良いので敷居も高くなく使いやすいです。どんな機能があるのか、ここから詳しく説明していきますので参考にしてみてください。

ただポップアップバナーを表示するだけではない

Web接客をする際にポップアップを表示するとユーザーも使いやすくなり便利ですが、ただ表示するだけではダメです。

一人ひとりユーザーが求めているサービスは違いますので、しっかりと見極めてほしいポップアップを提示できます。

そのためにもどんな動きをユーザーがしているのか見てくれて、レポートとして教えてくれるのです。

自分たちだけの力ではリサーチできなかった数値などもわかり、今後のサイトづくりにも活かせます。

リアルタイムで通知を設定してくれる

ネットの場合開店時間や閉店時間はありませんので、夜中でも早朝でもユーザーは訪問します。

ユーザーのタイミングになりますが、マネバズを利用すると動きに合わせてリアルタイムに通知を調節してくれるのです。

常に従業員を雇ってユーザーの動きを見張らなければいけないということもないですし、24時間365日任せられます。

企業が休みのときでもマネバズがあればサイトのほうは動いていますので、そこから利益を得ることも可能です。

訪問者数が今どのくらいいるかすぐにわかる

自社のサイトにどのくらいの訪問者が来てくれているのか、何時くらいの訪問が多いのかなど知りたいものです。

そういった訪問者の数もライブ表示もしてくれますので、どのくらいの人が今見ているのかすぐにわかります。

ユーザーの満足度を高めましょう

サイトをそのまま表示していても、工夫しなければ離脱防止ができません。

どうにか食い止めたいと思ったら、ツールを使いこなしてユーザーの満足度を高めましょう。

Web接客を使えば個人に合わせたポップアップを表示させますので、満足度も上げてくれます。

契約や購入などの最終目標まで上手にエスコートしてくれるため、効果を得やすく集客や売上の向上に役立ちます。

What do you think?

Written by Monebuzz

離脱防止を考えるのであればバナーを利用しよう

【保存版】XMのメリット・デメリット15選!絶対利用すべき人を厳選