in

自社サイトの離脱防止を考えているのであればコンバージョン率の見直しを

自社サイトの離脱防止を考えているのであればコンバージョン率の見直しを

すべてのユーザーが離脱しないようにはできませんが、今よりも少なくする対策はできます。

あまり売上や会員登録数が伸びなくて困っているという場合は、コンバージョン率を見直してみましょう。

どんなにサイトを見に来てくれるユーザーが多くても、最終目的を達成できないのであれば意味がありません。

こちらでは、離脱防止の仕方やコンバーション率の見直しについて紹介していきます。

ユーザーは疑問に思ったことをすぐに解決したいと思っている

サイトで良さそうな商品があったとき、本当に今が買い時なのかユーザーは悩みます。

ある程度の金額を出すわけですから、騙されたくないですし商品も納得してから買いたいと思っています。

商品を見ていくうちに何かしら疑問が湧きやすいものですが、このときすぐに問題が解決するかしないかでも大きく変わってくるのです。

もしサイトの中でFAQを用意しているにもかかわらず、どこにあるかどうかわかりにくい場合は問題です。

ここを見ればすぐに解決するような問題も、探せなかったためにユーザーが離脱してしまっている可能性があります。

コンバージョン率を高めるためにもFAQ

サイトとの関係を大切にしよう疑問に感じたらすぐに解決できる体制を整えておくようにするだけでも、コンバージョン率を上げられます。

どうなんだろうと思ったことがすぐに解決するというのは、ユーザーにとって大変嬉しいものです。

実店舗に行って接客を受け安心してから購入できるような感覚で、この後、ECサイトであればカートの中に商品を入れて購入手続きをしてもらえる可能性が高まります。

もしFAQに載っていないことも、簡単にチャットなどでつながって質問に対してすぐに返事が返ってくると満足度も上がります。

サイトでは実物を触って目で確かめていないからこそ、疑問や質問も生まれやすいものです。

丁寧な返事をスピーディーに与えることが、コンバージョン率へとつながります。

実際にFAQへ導線をわかりやすく置き成功した企業は多い

これまでコンバージョン率が上がらずにどうしたら良いのか……と苦労していた企業も、FAQの導線をユーザーが見やすいように変えただけで向上したという例が多数あります。

自分も企業側ではなくユーザー側になったとき、不安や疑問がすぐに解決できる、どこに項目があるのか一目でわかるという体験をするとFAQの大切さがわかるのではないでしょうか。

実際に気になっている商品をサイトで購入してみて、どこが自社にはないメリットな部分か検証してみても良いでしょう。

ユーザーの疑問や質問を素早く解決するというのは、本当に大切な点です。

ユーザーが離脱する原因を探るのも大切

自社としては完璧なサイトだと感じていても、離脱している人が多いと感じるときには何か原因があります。

それをしっかりと探るのも大切で、FAQの導線のほかにも何かしらあるかもしれません。ユーザーの気持ちになって、もう一度サイトを見返してみましょう。

サイズや素材に疑問がある

お店に行くと実際に履いてみることやどんな質感か触って見て購入を決めることができますが、なかなかネットではわかりません。

ユーザーなりに少しはサイト内で調べてみて、もしわからないと、お金を出してしまうことに不安を感じて離脱してしまいます。

写真でしか商品がわからないからこそ、サイトの中ではユーザーも慎重になります。

それでも失敗してもなんとかなりそうな値段であれば勢いで購入するかもしれませんが、ある程度高い商品の場合はより慎重になるのです。

万が一合わなかったときにキャンセルはできるのか、どのような状態だと受け付けてもらえるのか調べたいのにどこにも書いていないと不安で離脱します。

実物を触り試着できないからこそ、不明な点を残さないようにする努力が必要です。

ECサイトであれば返品方法はしっかりと伝えよう

実店舗で購入する場合は服などを試着して、鏡などでも確認ができます。

スニーカーなどの靴であれば履いて歩いてみることが可能ですので、歩きやすさや足がしっかりと入るかなど確かめられます。

しかし、ECサイトはいつでもどこに住んでいても買い物ができ便利ですが、実物を写真でしか見られません。

しかもスタイルの良いモデルが着用していると、普通体型や少しポチャっとした体型に合うのかどうも不安になります。

ECサイトなどすぐに購入を促すサイトでは、いざ合わなかったときの対処方法はわかりやすく提示しましょう。

なんとなく不安を感じた服でも、すぐに返品方法や万が一合わなかった場合の方法が書かれていると安心します。

もし返品方法について書いていても、小さい文字でわかりにくく書かれていたら見つけられずユーザーは不安になります。

プレゼントしたいと考えているユーザーもいる

自分が使うのではなく、知人や友人のためにプレゼントしたいと考えているユーザーもいます。

その場合、実店舗のようにおしゃれな包装紙で包んでほしいと考えている場合も多いのですが、どこを見てもプレゼント用にできるかどうかわからないと不安で離脱します。

わかりやすくラッピングが可能だとわかるECサイトに流れ、そこで友人や知人にピッタリなプレゼントを探すようになってしまうのです。

ほとんどのサイトではラッピングのサービスを行っているものですが、それでもユーザーは確信が欲しいと思っています。

できそうなできなさそうな曖昧な感じのサイトだと、ユーザーを逃しているかもしれません。

資料請求したいと思っていても手続きの方法が複雑

サイトを見てサービスの内容が気になっていても、もし資料請求の仕方が煩雑な場合離脱してしまいます。

住所や氏名などを入力する画面になっている場合がほとんどですが、中には半角のカタカナでなければならないなど入力する文字に制限がある場合が考えられます。

このとき氏名が間違っていて「もう一度入力し直してください」と表示されていしまう場合、どこがどう間違っているのかを一緒に伝えるようにすると良いでしょう。

何回も入力したのに「入力の仕方が間違っている」とテロップで出ているものの、どこが間違っているのかわからない場合ストレスを感じます。

ユーザーは間違っていても気が付かないものですし、どこがどう間違っているのかわからないと面倒に感じてしまいます。

必要事項を一発で入力できるような仕様に変更するだけでも、ユーザーが離脱してしまうのを防げるでしょう。

コンバージョンはその企業ごとに変わる

自分たちがどこに最終目標を置くかで、その企業の目標が変わってきます。

ECサイトなどでは服や小物、コスメなどを販売しているため、いかにユーザーが購入してくれるかどうかが大切になるでしょう。

それに比べて購入への話はじっくりと対面で行うため、まずは資料請求をしてほしいと考えている場合は売上ではありません。

コミュニティでより多くの会員を集めなければ成り立たない場合は、新規登録してくれる人が何人いるかで変わってくるでしょう。

その最終目標がコンバージョンであり、ここを達成するために魅力的なサイトを作っている企業ばかりです。

まずどこを目指すのかを考え、コンバージョンを達成できるように工夫が大切です。

コンバージョン率の出し方とは

自社のサイトへどのくらいのユーザーが訪れたのかトータルを出し、そのうちコンバージョンに至ったのは何人かを把握できれば計算ができます。

コンバージョンの数÷サイトを訪れたユーザーの数で、コンバージョン率はわかります。

何も対策をしないで最初から高い企業というのはほとんどなく、結果を出している企業は何かしら対策を立て実行しているものです。

よりユーザーの満足度が上がればコンバージョン率は上がりやすく、企業としての目標も達成しやすくなります。

全体のサイトだけでなく、ページごとにもコンバージョン率は出せます。

Aのページは高いがBのページは極端に低いとわかったら、Bのページは改善が必要です。

何かしらコンバージョンに至らない見にくさがあるため、そのままにしてはチャンスを逃してしまいます。

最初から高い数値を目標にしなくてもいい

すぐにでも結果を出してコンバージョン率を上げたいと思ってしまうかもしれませんが、最初から高い数値を目標にしても達成は難しいです。

これまで結果が悪かったわけですから、さまざまな方法を検証してみなければなりません。

A社として成功したやり方でも、B社でも必ず良い結果が期待できるとは限らないのです。

どのようにユーザーへページを見せていくかも大切ですし、やってみないとわからない部分も多いです。

まずは今のコンバージョン率よりも良い数値になるように目指し、どんどんとユーザーの満足度を上げていくことを優先しましょう。

そのうちユーザーも満足し商品が欲しいと思うようになりますので、コンバージョン率も上がっていきます。

コンバージョン率を上げたいならWeb接客ツールを味方にしよう

サイトの中の配置を換えるだけでも少しユーザーの満足度が上がりコンバージョン率も高くなりますが、もっとコンスタントに継続したいときにはWeb接客ツールを利用しましょう。

Web接客ツールの良いところは、ユーザーの動きをしっかりと把握してその人に合ったポップアップを表示して接客してくれます。

誰に対しても同じだと、関係のないポップアップを見てもなんとも思わないですし、なんだかポップアップばかり出されてストレスだと感じられてしまいます。

しかし、その方に合わせたポップアップを出すので、関係のあるものばかりを表示してくれるためコンバージョン率のアップも期待できるのです。

特におすすめはマネバズ

さまざまな角度からサポートしてくれますので、各企業が目指しているコンバージョン率アップを図れます。

ユーザーに合わせたポップアップが表示できるだけでなく、効果測定やレポート機能も付いています。

今のポップアップ表示の仕方ではどのくらいの反響があったのか、離脱があったのかもすぐにわかるのです。

これまで自社で計測していた場合、すべてマネバズの機能の中でわかるため簡単に対策も立てやすくなるでしょう。

どこでどのタイミングかなど、本当に詳しくわかります。

ポップアップ表示も充実している

ユーザーに合わせたポップアップを表示するには、ある程度種類がないと難しいです。

ターゲットになるユーザーにも合わせていかなければならないのですが、マネバズであれば24種類もあります。

多数ある中から、ページにピッタリなものやユーザーに喜ばれるものを選んでカスタマイズできます。

好きなページに好きなタイミングの提示ができ、よりユーザーも喜ばせることができるのでおすすめです。

ECサイトの場合に効果が出やすい

クーポン表示も簡単商品を購入する際に、もう少し安くならないか……と考えているユーザーは多いものです。

自分がネットのサイトで購入することで、得をしたという気持ちに浸りたい方もいます。

もし値段で最終段階の購入で悩んでいる感じがある場合は、ポップアップでクーポンの表示をしてくれるのです。

いつまでも利用できるクーポンではなく、3時間以内、本日の23時59分までなどと期限を付けると、今しかないと思って後押しされて購入する方も多いものです。

タイムリーにお得な情報の通知も可能で、セール情報などで利用できるクーポンコードなども知らせてくれます。

実際に利用している方からも高評価!

すでに自社のサイトで結果を出したいと考え、マネバズを利用している方が多数います。

さらに、実際に使い今までよりもコンバージョン率が上がり、離脱防止になっている企業も多くあり結果が出ています。

簡単に管理画面で設定するだけで人気商品の宣伝ができたり、ホテルの予約サイトのような「今何分前に予約がありました」というポップアップも簡単に利用したりと満足しているのです。

無料のプランもあり、コストの面でも安心して利用できます。

Web接客ツールを活用してコンバージョン率を高めていきましょう

離脱防止をしたいときには、まずユーザーがすぐにFAQに行ける導線を確保し、すぐに質問もできるチャットのようなものがあると便利です。

ほかにも離脱する原因はありますので、自社でサイトを見て検証し対策を練っていきましょう。

ユーザーが見やすく満足できるサイトになると、コンバージョン率も一緒に上がっていきます。

Web接客ツールの中でもマネバズを利用すれば、簡単にユーザーに合うポップアップ表示ができるためおすすめです。

What do you think?

Written by Monebuzz

離脱防止はECサイトの生命線

離脱防止対策ならWeb接客が最適

離脱防止対策ならWeb接客が最適!