in

Web接客の種類を確認する

Web接客の種類を確認する

Web接客ツールを利用するなら、Web接客の種類を確認したいところです。

Web接客といってもいろいろなタイプの接客方法があり、ポップアップやプッシュ通知といったものを主体の接客もあります。

ほかにも、チャットボットやAIチャットを駆使するのもWeb接客の一つです。

フィードバック機能を有していたり、アクセス解析をしたりと、Web接客といってもさまざまなので、それぞれの種類を把握することも重要になってくるでしょう。

今回は、Web接客の種類を一通り紹介しますので、自社にはどんなWeb接客があっているのかを考えてみると良いです。

■ポップアップの表示

Web接客の代表的なものにはポップアップの表示があります。

ポップアップを表示させるといっても、さまざまな表示と組み合わせることによって、いろいろな意味を持たせることができるのです。

たとえば、特定のページを見ているユーザーに対して、現在このページを見ているのは何人という表示をすることができれば、閲覧者に対してトレンドを意識させることができるはずです。

また、そのページのアクセス数を表示させることができれば、こちらもトレンドを意識させることができるでしょう。

そのページの閲覧数が多ければ、ほかのユーザーとの間に共有意識を芽生えさせることができるのです。

さらに、特定期間内にその商品を買ったユーザー数、会員登録をしたユーザー数をポップアップ表示させることができます。

ユーザーの情報を事前に収集できていれば、どこに住んでいる誰が、どのくらい前にアクションを起こしたといった、具体的なポップアップまで表示させることができてしまうのです。

特定の商品やサービスを購入するか迷っているユーザーが、後一押しなんらかの情報が欲しいと思ったタイミングで、こういったポップアップが表示させれば、十分な後押しになってくれるのではないでしょうか。

ポップアップを表示させる条件についても詳細に設定することができ、特定の訪問パターンをしたユーザーに対してのみ表示させることも可能です。

ほかにも滞在時間の長いユーザーに表示することや逆に初めてきたユーザーに対して表示させることもできます。

事前設定さえしておけば、ポップアップ機能に限定しても、さまざまなアクションを起こすことができます。

ポップアップは、組み合わせ次第で可能性を無限に広めることができるので、Web接客の中でも軽視できない機能になっているのです。

豊富なポップアップ機能に、使う側の戦略性が加わると、この機能だけでもかなりのサポートをしてくれるでしょう。

■チャットでの対応

ポップアップ表示のようなWeb接客をより実店舗における接客に近づけたのがチャットタイプのWeb接客です。

チャット型のWeb接客にもいくつかの種類があって、完全にAIが対応するようなものもあります。

逆に特定条件に合致したユーザーをチャットに招待するまでを自動で実施し、そこからは人間がチャット対応するようなタイプもあるのです。

また、チャットボットのようなシステムと組み合わせたものもあるでしょう。

AIが対応する場合でも、お店の店員さんと会話しているようなイメージで利用することができるので、ユーザーは違和感なく、Web接客を受けることができます。

Webサイトを利用していると、突然、チャット画面が表示されて驚いたことはないでしょうか。

これこそがチャット型のWeb接客になっていて、滞在時間が一定時間を超えたユーザーに対して、チャットの招待をするといった条件が組まれているのです。

チャット型のWeb接客を知るならば、AIタイプとチャットボットタイプについても把握しておくと良いでしょう。

AIタイプというのは人工知能を備えており、自分で学習しながら、チャット対応することができるタイプです。

チャットボットタイプは、あらかじめ用意された質問を条件によって表示させていくタイプのものです。

そのため、自分で学習する機能は備えておらず、AIタイプに比べると、できることが限られてきます。

しかし、ちょっとした質問に答える程度ならばチャットボットタイプでも十分に対応できると言えるでしょう。

チャット機能は、ネットやWeb初心者とも合致するツールで、初心者をチャットによってサポートすることができれば、大幅に売上が改善したケースも多いです。

■フィードバック機能

フィードバック機能もWeb接客の一種です。

フィードバック機能は、ユーザーからのフィードバックを柔軟にするための機能と言えるでしょう。

具体的には、サイトやコンテンツに対してユーザーから意見をもらうための機能になっています。

アンケートに回答してもらうこともできますし、人気投票などを行うこともできます。

文章で意見をもらうこともできますし、単純にボタンをクリックするタイプものもあるでしょう。

フィードバック機能によって得た情報は、コンテンツの改善に役立ちます。

フィードバック機能にはいろいろな意味があり、まずはユーザーから直接意見をすることでサービス改善につながるというものです。

また、ユーザーにコンテンツの参加意識を持たせるというのも大きな特徴になります。

最近はコンテンツマーケティングの重要度が高まっています。

ユーザーの育成が済んだ段階ならば、自分がファンになったコンテンツの改善のために、なんらかの意見をしようと思うものではないでしょうか。

こうしたコンテンツマーケティングと相性が良いのが、フィードバック機能になっており、うまく活用することによって、よりブランド価値を高めたり、ファンの依存度を高めたりすることができるでしょう。

データ分析は優秀ですが、データだけでは計りきれないものも多いです。

そうしたときにフィードバック機能のサポートを受けることによって、道が開かれることはよくあることです。

■プッシュ通知

プッシュ通知はポップアップ表示と非常に似たものになります。

画面上でユーザーになんらかのイベントが発生したことを通知する機能です。

スマートフォンの限られた画面を有効活用するためには役立つ機能で、主に新着情報が配信されたことを通知する場合などに用いられるでしょう。

また、プッシュ通知がより複雑なものになると、Web上で通知を出すだけではなく、顧客のスマートフォンに直接プッシュ通知を出すこともできるのです。

プッシュ通知はポップアップと似たような機能になっていますが、状況によって使い分けることができれば、プッシュ通知やポップアップ通知を単体で使う場合よりも、サポート効果を高めることができるでしょう。

■データ解析とレポート機能

Web接客は、特定の条件によってアクションを発生させることが多いので、データ解析やレポート機能はセットになっています。

そのため、データ解析やレポート機能もWeb接客の一種と考えることができるでしょう。

データ解析やレポート機能の部分は、ツールによってもかなり異なり、より詳細なデータ解析を行えるものもあれば、豊富なレポート機能を備えているものもあります。

■クーポンの表示

これはポップアップ表示などと組み合わせるWeb接客です。

ポップアップ表示にクーポンコードなどを表示させることによって、ユーザーの購買意欲を高めることができます。

特定条件によって、クーポンを表示させたり、割引額を設定したりすることによって、チャンスを逃さずものにできる可能性があります。

また、プッシュ通知を組み合わせるものに新商品バナーもあるでしょう。

新商品をアピールしたいタイミングで、プッシュ通知に新商品バナーを表示させることができれば、新商品を買ってもらうチャンスを増やすことができます。

■ショッピングカートサポート機能

Web接客の中には、ショッピングカートサポート機能も含まれます。

ショッピングカートというのは、ECサイトにおいて非常に重要になっています。

使いにくいショッピングカートになると、ショッピングカートから離脱してしまうケースが多くなっているのです。

購入を決めてからショッピングカートページで離脱してしまうのですから、ECサイトにとっては深刻な状態と言えるでしょう。

こういった状態を防ぐのもWeb接客の役割になっていて、より簡単に入力できるショッピングカートにしたり、入力補助をしたりすることもできます。

また、ツールによっては入力補助などだけではなく、ショッピングカートのページ構成まで最適化できるものまであるのです。

■サイト内検索

サイト内検索は、今や当たり前のものになっていますが、これもWeb接客の一環として行われる場合があります。

無料ツールを利用することでも、サイト内検索を導入することはできますが、カスタマイズ性が低いなどの問題点があります。

有料のWeb接客ツールのサイト内検索は、より操作しやすいものである場合やさまざまな付加価値が加えられているのです。

■Web接客ツールのタイプを知る

Web接客の種類を紹介しました。

しかし、すべてのツールで、すべてのWeb接客を実施できるわけではありません。

オールラウンドに対応できるタイプのツールもあるのですが、特定のWeb接客しか対応していないツールもありますので、どういったタイプのツールが存在するのかを確認しておくことも重要です。

まずチャットに特化したタイプのツールもあります。

チャットに特化したタイプのツールは、チャットボットやAIチャットを導入していることも多いです。

また、単にチャット型ツールといっても、さまざまなパターンのチャットを用意しているなどバリエーションが豊富なこともあります。

チャット機能自体は導入されているツールは多いものの、AIチャットとなると限られたツールしか導入されていませんので、チャットに特化したWeb接客を提供したいのならば、チャットタイプのツールを導入すべきでしょう。

チャット型ツールの導入によって、ネットに慣れていない層のユーザー獲得に貢献してくれるといったデータもあるため侮れません。

次にアクセス解析に特化したタイプのツールもあります。

Web接客は、ユーザーの行動に応じて、いろいろな施策をするので、行動の解析は必要不可欠です。

その機能に特化したツールなら、ユーザーのさまざまな行動を把握することができるでしょう。

詳細にユーザーの行動を解析することができれば、それをマーケティングに活かす際にも役立ってくれるはずです。

リアルタイム解析を導入しているツールもあるので、常にユーザーが何を考えているかを捉えられるかもしれません。

Web接客ツールの中には、今回紹介した機能を一通り実践できるものもあります。

チャットやポップアップ、フィードバックといった機能を有しており、さらにアクセス解析なども行えます。

Web接客によって総合的に自社サイトを使いやすくしたい場合などにもおすすめです。

しかし、総合的なWeb接客ツールになると、導入費用が高くなりがちなので、費用を最小限に抑えて、ピンポイントにWeb接客を導入したいなら特化型のツールのほうがおすすめと言えるでしょう。

ほかにも独自のサービスを提供してくれるようなツールもあります。

ツール独自の採点方式を導入して、点数を付けたり、ランキングに参加したりといった機能も考えられます。

また、アクセス解析にしても、視覚効果によって、より可視化されたアクセス解析を導入しているツールなどもあるのです。

サービスによっては、ツールの機能を段階的に開放するようなものもあります。

主にプランによって使える機能が異なってくるタイプのツールで、自社に合致したプランを利用することによって、料金と機能のバランスを取ることができるでしょう。

Web接客の種類を把握できたと思われます。

Web接客と一言でいっても、いろいろなタイプの接客がありますので、よく特徴を把握しておかなければ、せっかくツールを導入しても効果がなかったということになりかねません。

また、Web接客ツールによって使える機能と使えない機能がありますので、事前に目的の機能が使えるツールかを把握しておくことも重要です。

Web接客ツールの中には、無料のお試しプランでも豊富なポップアップ機能が使えるといったタイプのツールもあるので、そういったツールから試してみるのも良いかもしれません。

What do you think?

Written by Monebuzz

Web接客のメリットを把握

Web接客のメリットを把握

Web接客の事例を確認しよう

Web接客の事例を確認しよう